さて問題です。デデンッ!

宇宙を行くために絶対に必要な訓練がありますが、それは何でしょう?

答えは耐G訓練です。(他に必要な訓練は知りません)

スペースシャトルで宇宙に行くときに、Gという強い負荷が体にのしかかります。

それに耐えられるよう、宇宙飛行士は耐G訓練を行います。

で、前澤社長、日本人初の民間人宇宙飛行士として選ばれたそうですね。

そしてたくさんの人の期待を背負い(?)宇宙旅行に向けて耐G訓練を順調にこなしたそうです。

……が。

この動画には嘘があります。どこがおかしいか分かりますか?

強いGに耐えるのはかなり大変

宇宙飛行士は状況判断能力やマルチタスキング(同時に複数の仕事をこなす能力)を養うため、戦闘機の訓練を行います。

戦闘機に乗っていると、ドッグファイト時や急旋回時にかなり強いGがかかり、失神することもあります。

強いGを受けると脳や上半身の血が足元に下がっていき、脳に血が回らなくなるからです。

ちなみに、航空自衛隊のパイロットになるには7Gを10秒間、

戦闘機パイロットになるには9Gの負荷に耐えないとなれないそうです。

参考:空対空戦闘4 戦闘機の旋回性能と人間の限界

そのため、戦闘機のパイロットは「耐Gスーツ」を着用します。

体を圧迫することで血液を下がりにくくし、Gに耐えやすくするためです。

出典:戦闘機パイロットはいかに強烈な「G」と戦う? ジェット戦闘機のネック その対策とは

でも、前澤社長が乗った耐G訓練の装置では耐Gスーツは着用しません。訓練ですから。

じゃあ一体どうやって耐G訓練の強いGに耐えるのか?

パイロットたちは「耐G動作」というものを行っています。

別名「フック呼吸」とも言います。

この動画でその呼吸法を実際に見ることができます。

「フッ!クッ!」て必死でやってますね。これが必須なんです。

しかし、これをやっても訓練中に失神する人もいます。

↓こちらはもっと必死。

8Gという高いGにさらされ、血液が下に引っ張られて、みんな物凄い顔になっています。

必死で耐えるも失神。タフな軍人である彼らがです。8Gってのはかなりヤバいのだ。

他にも、一般人であるイギリスのYoutuberが耐G訓練に挑戦した動画がありました。

戦闘機パイロットの耐G訓練を素人が体験してみたムービーが公開中

この方は耐G動作を知らないようで、まともに呼吸できなくなり、何度も「ぶはぁっ!!」となっています。

この方は3.6Gで失神。

何の訓練もしていない一般人だとこのくらいまでしか耐えられないのかもしれません。

ここで前澤社長の耐G訓練の様子をもういちど確認してみましょう。

耐G動作の呼吸を全くしていないのが確認できます。

顔が下に引っ張られることもなく、微動だにしていません。

…………乗ってへんやん!!!

そう、つまり彼は8Gに耐えたフリをしているだけです!

バレないと思ったのか。なんでそんな見栄を張ろうと思ったのか。

浅ましすぎて見てるこっちが恥ずかしくなります。

(次のページへ続きます。)

固定ページ: 1 2 3